大阪で七五三を写真撮影するフォトスタジオ3選 > 基礎知識 > 七五三の内祝いマナーとは?お返しに何を贈ると良い

七五三の内祝いマナーとは?お返しに何を贈ると良い

Pocket

七五三のお祝いとしておじいちゃん、おばあちゃんなどの親戚からお祝いをもらうことも多いでしょう。
では七五三の内祝いには何を贈るのがよいのでしょうか?

ここでは七五三の内祝いのマナーについてまとめてみましょう。

七五三のお祝い

七五三の祝いに、両親、義両親、親戚などからお祝いをもらうことは多いでしょう。

七五三のお祝いには特別お返しを贈る必要はないと言われており、子供に対してのお祝いにお返しは不要ということ、七五三の日に宴席を設けて、お祝いをくれた人を招待することがお返しになるという考えもあるようです。

しかし高額なお祝いの場合や、宴席に招待できない場合には、七五三のお祝いのお返しとして内祝いを贈るケースも増えてきています。

もしも内祝いを贈らない場合でも、手紙、電話などで感謝の気持ち、お礼の気持ちを伝える必要があります。

七五三の内祝いを贈る時のマナーとは?

七五三の内祝いを贈る時には、メッセージカードやお礼状、七五三の時の子供の写真を添えると喜ばれるでしょう。
七五三の内祝いの代表的な贈り物としては、赤飯、菓子、日用品、千歳飴などです。

千歳飴には粘り強く、細く長い形状には長寿や健康を願う意味があります。
赤飯は、祝い事の際に近所に配られていたこと、赤い色が邪気を払うという言い伝えがあるため、七五三の内祝いとして古くから贈られています。

お菓子や日用品に関しては、相手の好みや年齢に合わせて贈るとよいでしょう。
七五三の内祝いを贈る時期は、お祝いをもらってから1~2週間以内になるべく早く贈るようにします。

金額の相場としては、もらった金額の3分の1~半額程度を目安に予算を設定するとよいでしょう。
のしを添える時には、紅白のちょうちょ結びののし紙をかけます。

子供のお祝いは何度祝ってもよいので、何回でも結び直せるちょうちょ結びにするのです。

関連記事

大阪で七五三を写真撮影するおすすめフォトスタジオ

HONEY&CRUNCH(ハニーアンドクランチ)

料金

台紙&データ 19,800円~
「130〜300カットの全撮影データDVD」がついたコースは毎月「特別キャンペーン」を開催
データDVDのみコース 19,800円(4カット)~44,800円(全データ)
全プリント写真付コース 34,800円

衣裳

店舗概要

店舗数 大阪天満宮南森町・心斎橋北堀江・豊中千里中央・高槻茨木・堺東・神戸三宮・西宮北口・京都に9店舗
営業時間 09:00〜19:00(火曜撮影定休・電話受付は営業)
SNS facebook insta line
その他 ・LINEでのお届けも無料で可能
・時間内はお衣装着放題
・兄弟での追加料金なし

公式サイトはこちら

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
HOME

アクセスランキング

基礎知識

アイテム

大阪の撮影スタジオ

© 2018 大阪で七五三を写真撮影するフォトスタジオ3選