大阪で七五三を写真撮影するフォトスタジオ3選 > 基礎知識 > 成人式振袖レンタルの下見のポイントは?

成人式振袖レンタルの下見のポイントは?

Pocket

振袖の下見が早期化している理由は?

振袖の下見はそんなに早くしなければいけないのと感じる人も多いのではないでしょうか。

高校3年生の頃に下見をしている人もおり、早期化しているとも言えるでしょう。

それは、振袖レンタルは数に限りがあることが挙げられます。

成人式を挙げるのは20歳になる人たちです。

現在では少子化が進んでいるものの、それでも一定数はいます。

振袖をレンタルする人も増えてきていますので、人気のデザインのものは争奪戦になる可能性が高く、早く下見をしないとなくなります。

一生に一度の思い出になる成人式ですので、振袖にもこだわりたいというのが本音ではないでしょうか。

レンタル増加も大きく影響?

昭和の時代は経済的に豊かな家庭が多く、振袖を購入するというのが一般的でした。

しかし、不景気が続いていることで、経済的に厳しいという家庭が増えてきています。

そうなると、振袖を購入するのに抵抗が出てきてしまいますよね。

高額になることも多く、家計が赤字になってしまうことも考えられます。

振袖をレンタルすることで出費が抑えられますので、現在ではレンタルが主流になりつつあります。

これは、時代のトレンドの変化でもあり、振袖の下見を早くしなければいけなくなった要因の一つでしょう。

今後もこの傾向が続くことが予想されますので、しっかり対応していく必要があるのではないでしょうか。

下見は2月がおすすめ?

成人式は1月に行いますので、それより前の月に下見をするのがいいのではと思われることでしょう。

しかし、下見をするのに最適なのは2月です。

成人式まではレンタルされた振袖がない状態が続き、1月中旬ぐらいから戻ってきます。

その後、検品やクリーニングを経て、店舗に並ぶという形になりますので、2月には揃うというわけです。

成人式の1年前に下見をするのもいいですが、最近では高校を卒業する年の2月に下見をする人が増えてきています。

より振袖のデザインにこだわりたい人は、高校を卒業する年の2月に下見をしてみてはいかがでしょうか。

関連サイト

成人式の振袖レンタル・着物レンタル・卒業袴レンタルなら【成人式サロンKiRARA】

関連記事

大阪で七五三を写真撮影するおすすめフォトスタジオ

HONEY&CRUNCH(ハニーアンドクランチ)

料金

七五三撮影フルセット 通常価格94,380円⇒64,800円(期間限定)
・ポートレート台紙
・130~300カットの全データDVD(LINEアルバムでも納品可能)
・オリジナルフォトムービー
・オリジナルカレンダー
・A4ポスター風写真

衣裳

店舗概要

店舗数 ・大阪天満宮南森店
・大阪天満宮2号店
・心斎橋北堀江店
・豊中千里中央店
・高槻茨木店
・堺東駅前店
・寝屋川枚方・香里園駅前店
・神戸三宮店
・神戸東・住吉御影店
・阪急西宮北口駅前店
営業時間 09:00〜19:00(火曜撮影定休・電話受付は営業)
SNS facebook insta line
その他 ・LINEでのお届けも無料で可能
・時間内はお衣装着放題
・兄弟での追加料金なし

公式サイトはこちら

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
HOME

アクセスランキング

基礎知識

アイテム

大阪の撮影スタジオ

© 2018 大阪で七五三を写真撮影するフォトスタジオ3選